fn189 gourmet 002

コングラッツ博多

透明テント張りの屋台風レストラン、コングラッツ博多。ビニールテントの隙間から、1階店内に入ると、中央の三角形のアイランドカウンターでお喋りしながら食事をするカップルや、ワインをボトルで楽しんでいる仕事帰りのグループ客、嬉々と肉を食す旅行者らしき外国人など、各々が博多の夜を堪能している。日常の”おめでとう(コングラッツ)”を、たっぷりのお肉とワインで楽しんでもらいたいとの店側の想いが通じているようだ。炭火でじっくりとグリルされる一番人気のステーキは、赤身が美味しいサーロイン300グラム。パセリとガーリックが効いた南米で人気のチミチュリソースで熱いうちにいただこう。コングラッツ自慢のワインリストにはフランス産やイタリア産を中心に自然派ワインも多く揃う(3,000円〜)ので、たっぷりサイズのサラダと肉、ボトルワインを仲間とシェアするのもいい。香り豊かなスパイスが効いたラムのモロッコ風串焼きや、見た目のインパクトとシンプルな味・歯ごたえが病み付きになりそうなタコのギリシャ風グリルもぜひ試してほしい。チキン・豚肉も、オレンジやクローブ、シナモンなど、それぞれの肉に合った巧みなスパイス使いによって旨味が引き出されている。厨房で焼くフォカッチャも忘れずにオーダーしたい。

Read More
fn182 bus stop gourmet 038

BUS STOP CAFE

 コーヒーを片手に本を読む人、友達とのおしゃべりを楽しむ人、PCを開いて仕事に集中する人、これから始まる旅への思いを巡らせる人……。「バスストップ」と名のついたこのカフェでは、それぞれが自由に自分の時間を楽しむ世界が広がっている。
博多駅の地下鉄(東6番出口)に直結しており、本当に高速バスの待合所としても機能しているコンセプトが実にユニーク。旅人はもちろん、訪れる人すべてが朝から晩まで好きに過ごせるようにと、食事にも空間にも配慮がたっぷり込められている。朝7時からのモーニングにはじまり、サラダバーのついたランチ、まったりとしたカフェタイムにディナー&バーのひと時までメニューは時間に応じて変化し、デザートやドリンク類(アルコールも!)は1日中OK。先にカウンターで注文と支払いを済ませて、ソファ席、テーブル席、カウンター席などから好みのスペースを確保すれば、そこからは自由時間のはじまりだ。全席にコンセントが設置されており、店内はWifiも使用できるので、ノマド族にも重宝されている模様。さらに3,000円のお得なプラン(ドリンク50種類飲み放題90分付)があり、30名からの貸切も可能なのでカジュアルなパーティにもおすすめだ。毎日通うバス停のように、当たり前に日常にある場所。そんな存在になってくれそうな気がする。

Read More
fn174 gourmet WM 004

レストラン&バー BK

(English) Just a five minute walk from Hainuzuka Station on the JR Kagoshima Line, BK is a restaurant run by OMC’s agent and sole Japanese distributor for Broil King, Canada’s number one gas grill. BK moved to Chikugo in December 2012 after three years in Kurume. The menu features a range of authentic North American cuisine made on Broil King grills, including grilled steak the likes of which you would normally only find in Tokyo’s specialty shops. BK’s steaks are Certified Angus Beef, the highest quality beef in North America. The beef is sent chilled, not frozen, and aged with a process called semi-dry aging. Excess fat is removed before the beef is smoked, so the steaks are firm on the outside but juicy in the middle; the aroma is mouth-watering! BK also offers burgers made from 100% additive-free fresh ground beef and flavored with herb salt as well as buffalo-style chicken—a North American standard. Lunches start at ¥850 and full course dinners start at ¥3,000. There is also a BBQ Course where you can try your hand at grilling on a Broil King on the restaurant’s second floor patio.(¥2,300~, summer only).

Read More
food02_4 (1)

Manly

(English) Now celebrating its third anniversary, Manly was named by its owner Itsuro Fujita after his favorite surfing spot near Sydney where he spent a year and a half on a working holiday. Tucked down a side-street of Imaizumi, the outside wooden deck patio is reminiscent of cafes on the main Manly Corso shopping strip in Sydney. The homely cafe is filled with Australian nostalgia– shelves behind the bar are lined with Vegemite, koala dolls, Tim Tams and other “true blue” items. A large screen plays muted documentaries about surfing, Australian Aboriginal history and more. Food-wise, the menu offers refined versions of popular Australian dishes along with a slew of Aussie beers (Foster’s, VB, XXXX and more) and wines. It’s not the rough and ready type of Aussie tucker you’d get back home, but an easy introduction to dining Down Under. The lunch menu features a jaffle-style meat pie, full of Aussie beef, potato and homestyle gravy, with a side of fish & chips. Adventurous eaters can try deep-fried alligator, delicate kangaroo carpaccio, roasted ostrich or the notorious Vegemite on toast. Those playing it safe can take comfort in pancakes, pasta and pizza. The cafe is also registered as an agency of the Japan Working Holiday Association, holding study abroad and working holiday seminars regularly. One thing’s for sure, Manly is a “fair dinkum” establishment and a little slice of home for Australians in Kyushu!

Read More
DSC_0239

ブルックリンパーラー博多

ブルーノートジャパンがプロデュースするブルックリンパーラー博多。屋号通り、多くの人種が生活するNYの下町ブルックリンがコンセプトだ。「偉大な芸術が生み出されたブルックリンと博多に同じ匂いを感じたのが、ここにオープンした理由」とチーフマネジャーの川村紘平さん。レンガ造りの壁など、一見無骨だがハイセンスな店内は有名ホテルなどをデザインする小坂竜。高さ2.6m、幅4mの巨大な壁画は、数多くの雑誌のイラスト、アートディレクションを手がける伊藤桂司。自由に読める1,200冊もの書籍のセレクトはブックディレクター・幅允孝。まさに、各界のプロフェッショナルの”シゴト”が共演する空間といっても大げさではない。フードはハンバーガーが看板。バーガーの具材はカスタマイズできるので、自分好みの組み合わせを見つけるのもいい。夜は総重量500gのブルックリンステーキ、タマネギ丸々1個を揚げたブルーミンオニオンなど、パンチの効いたアメリカンフードが充実。見た目の豪快さに反して、スパイスを活用するなど繊細な味に仕上げているのは、厨房を仕切る有名フランス料理店出身のシェフの技が光る証だ。10月からは月1回のペースで音楽イベントを催すなど、福岡に食と文化の新たなスタイルを提案する同店からますます目が離せない。

Read More
nw131 Frisco Burger #156 002

フリスコ・バーガー

具材に趣向を凝らしたグルメバーガー、ワンコインで気軽に食べられるファストフードのハンバーガー。

Read More
nw84 hamburg onion #109-10

ハンバーグオニオン 薬院店

ふわっふわのハンバーグが人気の専門店。

Read More
Page Top